子供部屋 家具のPEEK

ハロウィンのランタン

ハロウィンのランタン

ハロウィンといえば、△の眼をして、口がギザギザ(?)なカボチャのお化けがでてきますね。このカボチャのお化けにはちゃんと名前があって、「ジャック・オ・ランタン」といいます。そう、このカボチャお化け「ジャック・オ・ランタン」はその名の通りランタンなんですね!

カボチャお化け

ジャック・オ・ランタンの発祥

昔、ジャックという怠け者だが頭のキレる男がいました。ある年のハロウィンに酒場でお酒を飲んでいるジャック。そんなジャックの下に悪魔が現れます。

酒代がなくなったジャックは自分の魂と交換にお酒をおごってくれと申し出ます。悪魔はその約束を信じてお金に化けてやりますが、ジャックはお酒を頼みませんでした。

ではお金に化けた悪魔はどうなかったのか?
ジャックはお金に化けた悪魔を十字架を使って自分の財布に閉じ込めてしまったのです。困った悪魔は、「10年間はジャックの魂を取りに来ない」という条件のもと解放してもらうことができました。

—10年後—

さて、10年後のハロウィンの日。悪魔はジャックの元に魂を取りに現れます。頭のキレるジャックは「最後の願いだから」と、木の上のリンゴを取ってくれと頼みます。悪魔は最後の願いと信じ、木に登ってリンゴを取ってやりました。しかし、ジャックはその木に持っていたナイフで十字架を刻みます。木から降りられなくなった悪魔は「ジャックの魂は絶対に取らない、地獄に堕ちない」という条件で、解放してもらうことができました。

—月日はながれ—

ジャックもついに天に召される日がやってきました。しかし、生前の行いが悪かったジャックは天国にいくことはできません。かといって、地獄に行こうにも「ジャックの魂は絶対に取らない、地獄に堕ちない」という悪魔との約束があるため、地獄に行くこともできず、行き場がなくなってしまいます。

仕方ないので、ジャックは悪魔から地獄で燃える石炭を一つもらい、この世をさまようことになります。しかし、そのままではせっかくもらった石炭の火が消えてしまいますので、転がっていたカブをくり抜いて石炭を入れて、ランタンを作り、今でも行き場のないジャックはこの世をさまよっているのです。

ジャック・オ・ランタンはカボチャじゃなくてカブだった!?

この発症のお話はアイルランドの伝承で、ジャック・オ・ランタンは元々カボチャではなく「カブ」だったんですね!では、どこでカブがカボチャになってしまったのか?それは、この話がアメリカに伝わった当時、アメリカの生産率が高かったカボチャを使う方が一般化され、世の中に広まってしまったため、ハロウィン=カボチャとなってしまったそうです。

そもそも、中をくり抜いてランタンに使うには、カブよりもカボチャの方が皮が固く分厚いので、作る方からしても便利だったのかもしれませんね!そしてこういったハロウィン衣装も仮装パーティで大活躍しますから、ぜひ見てくださいね。

ジャック・オ・ランタンの作り方

※上記動画はyoutubeからの転載で、当サイトは関係がありません